Rehearts

人生相談の総合ポータルサイト

新型コロナの影響での心のケア

コロナガード

概要

2020年3月から猛威を奮っている新型コロナウィルスで日本人のほとんどが自宅に待機することになりました。自宅にずっといることで新型コロナウィルス以外の体調不良に陥る人が増えました。他にも、メンタル面でうつ病やパニック障害になった人も増えてきています。

そんな時に心のケアをどうすればいいのか。非常に難しい問題を解消できればと思っています。

外出できないストレス

欲求を制限

2020年10月現在はGoToトラベルやGoToイートといった国を上げての経済回復キャンペーンがされており、新型コロナウィルスによる行動の制限は緩和されてきました。

しかし、新型コロナウィルスの感染者は相変わらず毎日200人以上で続けている状態のため、制限が完全に修復したわけではありません。接客を伴う飲食店(キャバクラやホスト等)は完全にお客様も戻っていません。

制限によるストレス

制限を受けることによりストレスがかかります。ストレスは病気に発展しやすい一番の原因です。できるだけためないように行動する必要があります。

必要最低限の外出

ストレスを溜めてコロナ以外の病気になれば辛い思いをするだけです。正直新型コロナウィルスもワクチンができればインフルエンザレベルの病気になるでしょう。なので、さらに重い病気にならないために適度な運動は必要です。

うつ病

うつ病

うつによるやる気の消失

うつ病になると何もかもやる気を失います。全てのことを悲観的に見てしまい全てうまくいかなくなると思ってしまいます。自分のことをダメ人間のように感じてしまい本来楽しいことすら楽しめなくなります。

自殺という選択

うつ病が進展すると死にたくなります。それを選択しないために人生相談をしていただきたいです。国を挙げてやっていることもあります。他に当サイトで人生の相談をしていただき悩みを解決に向けるといいでしょう。

国の電話相談窓口

基本土日祝日やっていないようですが本当に助けが必要な人は土日祝日に電話したいと思います。何とか民間でできるよう努力が必要です。

仕事のストレス

営業自粛のストレス

お客様が来ないのがストレスになるし、お客様が来すぎてコロナのクラスターになるのもストレスになるなかなかいい解決策が見出せないストレス。

リモートワークの不適用

自宅にいながらインターネットを通じて会議をしたりコミニュケーションをすることで仕事を進めるリモートワークが増えてきました。会社に出勤することなく

金銭的なストレス

新型コロナのせいで経済的に追い詰められてしまうと生活できないです。しかし国は施策をしてくれていて助成金を考えてくれています。どのような助成金があるのか自分の状況を相談に乗ってもらうことも可能です。詳しくはこちらのボタンからどうぞ

まとめ

国は国民を守る義務があります。できる限り自分や家族を守ろうと努力する人を見捨てないです。なんとかこの世界のパンデミックを乗り切っていきましょう。