Rehearts

人生相談の総合ポータルサイト

パニック障害と症状と対応策

概要

パニック障害は知識のない人が思っているようなパニックになるというのとは少し違います。

死ぬかもしれないと本気でもうような痙攣や呼吸困難な状況ったり、全身の血が逆流したような感覚に陥り多大な恐怖を感じます。

今回はこのような症状と原因と治療方法をまとめていきたいと思います。

パニック障害の発作の症状

パニック障害

発作の症状

  • 全身もしくは心臓部分から血が逆流しはじめたような症状
  • 次にまた発作が始まるかのしれないという恐怖感
  • 寒気
  • 呼吸困難
  • 体の震え
  • 自分が自分でない感じ・現実ではないような感じがする

発作が起こるタイミング

緊張が緩和された状態におこります。リラックスしている時や眠っているときに発作が始まる場合があります。

そのため、発作が起こったとき突然自分が死ぬのではないかというほどの恐怖感を伴います。

発作が治るまでの時間

長いと30分以上かかる場合があります。あまりにも以上な出来事なので救急車を呼ぶことがありますが、病院に到着する頃にはすでに症状がおさまっており、正常な状態に戻っているので診断不明になります。

よく搬送されるのが循環器内科といった心臓や血液系の病気専門の病院です。

知識がないとパニック障害ということがわからないので、様々な病院へ行き全て正常であると診断を受け最終的にたどり着くのが精神科や心療内科へ行ってはじめて気づくことになります。

進行した時の状態

うつ病

進行するとパニック発作が頻発します。いつ発作が再発するのか常に恐怖に感じひどくなるとうつ状態となります。怖くて眠れなくなったり最悪の場合は自殺をしたくなる状態になるので早めの対応が必要になります。

パニック障害の要因

仕事によるストレス

会議や仕事での打ち合わせ等のストレスが蓄積されて突然発作がくることがあります。精神安定剤を飲んで会議に臨む人もいるので検討してみてはいかがでしょうか

人間関係のストレス

人間関係のストレスは人と付き合うとどうしても出てきます。人とづき合わないとやっていけないことが多いです。

農業や畜産といったできるだけ人と関わらない方法はありますが、まだまだ少ないです。人間との付き合いを減らして快適に暮らす方法もあるので選択してみることもあるかと思います。

2019年後半から始まった新型コロナウィルスによる自宅待機

日本では2020年から本格化した新型コロナウィルスが原因でうつ病になった人やパニック障害になった方が多いです。

新型コロナウィルスに感染しないように自宅に待機することでストレスを感じたり、経済的なダメージを受け精神的な負担となりうつ病になる人が増えました。

パニック障害の治療方法

精神科・心療内科に通院することによる薬物療法

お近くの心療内科や精神科に行き、パニック障害の可能性があることと現在の状況を説明すれば薬を用意してくれます。

また、カウンセラーに頼る方法もあります。

東洋医学を用いた針や鍼灸治療法

パニック発作は脳の誤作動とされているのでその原因を自律神経に刺激を与え治療するという方法があります。

おすすめは全部取り入れて直すことがいいのですが料金がかかるので精神科や心療内科の薬の治療がおすすめです。

十分な睡眠

疲れたときに発作がよく出ることが多いです。そのため十分に体を休めて精神を落ち着かせることが重要です。

適度な運動

精神的な要因が多くストレスが大きな原因の一つです。そのため、身体を動かしてストレスを解消することで症状を抑えることができます。やりすぎるとよくないですが。適度に汗が出るぐらいの運動がいいです。

まとめ

著者の体験

私自身パニック障害になった経験があります。新型コロナウィルスによって自宅にいることが多くなり、ストレスが蓄積されていたと思います。

最初は何が起きたのかわかりませんでした。救急車を呼んで病院へたどり着くと正常と診断されて安心しましたが何が原因か全くわからなかったです。そして症状だけが残った嫌な感じでした。

脳神経内科や耳鼻科など考えられるありとあらゆる病院に診てもらうのですが全て正常という診断でした。検査のため入院までしましたが特に問題はありませんでした。

運良くパニック障害の記事を見つけて自分はパニック障害ではないかということが判明したので心療内科に行くことができてパニック障害であると判明しました。

原因がわからなくて困っている人がたどり着けるようにしたいと思います。